有田第1団の紹介

ボーイスカウト有田第1団は、1963年(昭和38年)11月3日に発団、2013年に50周年を迎えた歴史ある団です。

自然いっぱいの焼き物の里「有田」を中心に、ベンチャー隊、ボーイ隊、カブ隊、ビーバー隊で、元気いっぱいに活動しています。

 

団委員長団委員長

大串 和夫(KAZUO OGUSHI)

●メッセージ●
社会に奉仕できる人材の育成を目指しています。

 

ベンチャー隊長ベンチャー隊 隊長

永石 知靖(TOMONOBU NAGAISHI)

●メッセージ●
高校1年生~高校3年生の年代を対象としています。
ベンチャー隊では、ボーイ隊で培ったものをさらに昇華させ、自発的な活動を通じて、スカウト最高位の「富士章」の取得をめざします。

より自発的な活動と自身の目標による計画・実施・評価を客観的に理解できるスカウトというのが、ベンチャースカウトに求められている姿です。
臨機応変に「リーダーシップを発揮したり、メンバーとしての役割を果たせる人」であることも求められます。

隊やバディでの活動を通じ、実践し学んだことを評価できるよう進級課目の他にさまざまな技能章83種が設定されています。
スカウトの個性に沿った多種多様な取り組みを実施できるよう支援していきます。

 

ボーイ隊隊長馬場ボーイ隊 隊長

馬場 久和(HISAKAZU BABA)

●メッセージ●
ボーイスカウト隊では野外活動(キャンプ)の中で小学6年生から中学3年生までが8月の長期キャンプに向けてスカウトスキルやスカウト精神を学び楽しみます。

昨年は夏は35度、冬は-6度の厳しい中でキャンプを楽しみ、参加者の自発的な助け合いや環境になれる為の工夫が見てとれ、自然の中での活動の素晴らしさを体験出来たのではないかと思います。

また、ボーイスカウトは地域だけでの活動ではなく、昨年度は石川県玖珠で開催された第17回日本スカウトジャンボリーに選ばれた10名のスカウトが参加し、本年度はアメリカ・ウエストバージニア州で開催される第24回世界スカウトジャンボリーに3名のスカウトがはばたきます。

皆さんも、ぜひスカウト活動に参加して下さい!

 

ボーイ隊副長ボーイ隊 副長

井手 将之(MASAYUKI IDE)

●メッセージ●
スカウト達がキャンプや社会奉仕活動を通じて、協調性や社会性、人の役に立つことを学び、そして活動を楽しめるようにスカウトたちや隊長のサポートを心がけていきます。

 

カブ隊隊長カブ隊 隊長

川浪 宏(HIROSHI KAWANAMI)

●メッセージ●
カブスカウト隊、隊長の川浪 宏です。
今年度は、「礼儀と規律と公共マナーを身に付ける」をテーマに、スカウト達のニーズをより取り入れた活動を計画しています。

カブブックの履修を中心に、チャレンジ章の取得をめざしていきます。

カブスカウト達が、自分で考え、行動していけるように、その手助けが出来ればと思っております。
子供達が様々な体験をして、スカウトの仲間との沢山の思い出を作って欲しいと思い活動しています。

 

カブ隊副長馬場カブ隊 副長

馬場 康輔(KOSUKE BABA)

●メッセージ●
スカウト活動は大自然の中でみんなが助け合い仲良く遊び、知恵を身に付け社会性を学ぶところ。

強くたくましく生きる力を得ることができるはず!自分の持っている可能性を開花させましょう。

 

ビーバー隊隊長ビーバー隊 隊長

末永 真智子(MACHIKO SUENAGA)

●メッセージ●
ビーバースカウトのモットーは『なかよし』です。
その中で、
1.元気に遊んだり
2.物を大切にする事や
3.良いことをする事を学んでいきます。
屋外で一緒に遊びましょう!(^^)!